JINEAとは

一般社団法人国際人材雇用協会(JINEA)は、海外の優秀な人材に対して日本での教育・人材育成・雇用の創出に関する事業を行い、その人的活動・交流に寄与することを目的とし、2009年9月1日に設立されました。
JINEAは一般社団法人として、行政改革関連5法のうちの公益法人制度改革関連3法の一つとして2008年12月1日に施行された、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づき事業を行います。

JINEA概要

名称 一般社団法人 国際人材雇用協会
英語表記 Japan Inter-national Employment Association
略称 JINEA(ジネア)
所在地
TEL
FAX
大阪府泉大津市池園町6番7号
0725-22-1011
0725-20-0401
理事長 高田 尚
目的 当法人は、海外の優秀な人材に対して、日本での教育、人材育成、雇用の創出に関する事業を行い、その人的活動・交流に寄与することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。

  • 日本と海外の文化交流、経済活動、教育向上活動に関する事業
  • 海外の優秀な人材を基にした雇用創出事業
  • 日本での留学生支援事業、海外人材研修生制度の支援
  • 各種(医療、福祉、農業、漁業、建設、工業等)技術者、教育者の育成
  • 前各号に掲げる事業に附帯または関連する事業

JINEA運営理念

JINEAは人間尊重の精神を第一に考え、国際交流を通じて国際社会における貢献を目的とします。アジア諸国の力ある若者に勉学のチャンスと日本国内における企業や病院、社団法人などで働ける機会を提供することによって地球人としての共存を目指す第一歩と考えております。

現在、海外からの就労者は増えつつあります。しかし、それは労働力として扱われており、残念ながら、真の国際交流には繋がっていません。そこでJINEAは社団法人として日本語や日本の文化の習得、専門分野の勉学をより深く認識させるとともに、単に労働力の交流ではなく、「地球国」として日本が国際交流をリードするような国際的組織になるよう精進していきます。JINEAは、コーポレート・シチズンシップに基づき、人間・社会・国家のコミュニケーションの架け橋になる今までにない新しいツールになると確信しております。

夢のつづきを聞かせて下さい。JINEAは地球人の交流を目指します。共に歩みましょう。