技能実習生受入

日本で培われた技能・技術・知識の開発途上国等への移転等を目的として、最長3年の期間内において、講習による知識の修得及び雇用契約に基づく技能等の修得・習熟を支援するものです。制度改正に伴い、在留資格は「技能実習1号」及び「技能実習2号」となります。

技能実習生受入

送出機関

  • JINEAと提携し、条件に合う実習生を送り出す

受入企業

  • 実習生と雇用契約を結ぶ
  • JINEAと管理契約を結ぶ

実習生

  • 受入企業と雇用契約を結ぶ

JINEA

  • 受入企業と管理契約を結ぶ
  • JINEAと提携し、条件に合う実習生を送り出す
  • 実習生及び受入企業に対するサポートを行う